本文の開始

Home >エネルギー管理システムの施工

サポート Support

Energy Management 

エネルギー管理システムの施工

ご存じですか?
平成22年4月1日より、省エネ法が改正されます。

省エネ法とは
燃料・熱・ガス・電気などのエネルギーを一定規模以上で使用する工場・事業所は、その年間のエネルギー使用量(原油換算値)を「工場・事業所ごと」に国へ届け出て、「エネルギー管理工場の指定」を受けなければなりません。

どこが改正されるの?
今回の改正では、これまで「工場・事業所ごと」のエネルギー管理だったものが、「企業全体」での管理に変わります。

改正前と改正後

 

つまり、改正前は同じ企業内でも、エネルギー使用料が基準値以上だった工場・事業所のみが該当していましたが 改正後は企業全体での管理に変わるため、同じ企業内のすべての工場・事業所の合計使用エネルギーが基準値を上回ると、特定事業者指定を受けることとなります。 平成21年4月から準備が必要となり、エネルギー使用量を1年間記録する必要があります。



エネルギー使用料を原油換算値へ換算する計算が「財団法人省エネルギーセンター」のHPより、無料で ダウンロードすることができます。 電気・ガスについては毎月の検針票に示される使用量を把握してください。

電気使用量の把握

毎月の電気使用量はわかるけど、「電気使用量の無駄を削減したい」、「どこでどれだけの電気が使用されているか 知りたい」、そんな時は私達におまかせください。

工場・事業所内で現在どれだけの電気が使用されているか、どの部屋でどれだけの電気が使用されているかなどの電気使用状況をリアルタイムに知ることが出来るシステムを提供いたします。

工場・事業所のエネルギー使用量の合計が基準値に満たない場合でも、省エネの観点から使用状況を把握することは、企業の環境対策としてとても有効なものですし、経費の削減にも効果があります。

私たちはこの観点から、電気の使用状況を簡単に把握出来るシステムをお勧めいたします。

施工方法

使用電流を知りたいところに電気を供給している電線(幹線)にCT(カレントトランス)と電力計測ユニットを取り付けることにより、使用電流を計測します。電力計測ユニットからの情報をパソコンに取り込むことで、電気使用量を一括で把握することができます。

 施工価格例
CVT150sq 1本 電力計測ユニット-7台 盤内に取付。
CVT100sq 1本 信号変換ユニット-1台
CVT60sq 2本 にCTを取り付け。
CVT38sq  2本 信号ケーブル総延長:100mの場合 
CVT22sq 1本 



※配線は天井コロガシとして計算しております。露出配管での施工、建物内部の状況によって
  価格は変動いたします。ご了承ください。

※完成書類、施工図面の提出などご希望がありましたら、対応させていただきます。

お見積りの提出

お見積りの提出
お見積もりはもちろん無料で行っておりますので、お気軽にご連絡ください。

お見積りの提出

お見積りにご満足いただけた場合には、迅速に対応、施工させていただきます。

ページの先頭へ

ページの終了